いつかにもらった

ハートマーク

心臓止まりそうになって

瞬時に舞い上がって

夢かと思ってしまうくらい

嬉しくてうれしくて


生きてると

こんなに嬉しいことが

起きるんだなって

思った。


まだこんな風に

純粋な気持ちで人を好きになれるなんて

思ってなかったから

本当に胸がいっぱいになった。


今まで、人に好きだとか、

かわいいよとか、かっこいいねとか、

気持ちを込めて言ったこと、

ぜんぜん無かった。


私に言われても迷惑なだけかも

そう思って生きてきたから

こんなに感情を伝えたこと、

初めてだと思う。


わたし、もらおうとばかりしてた。

ずっときづいてなかった。

だから、今度は

私がたくさん伝えたい。


視界がハートマークで

埋まるくらいに。

写真のトーンが溶けそうで

輪郭までとろけそうに柔らかくて

透明感があるのに温かそうで

思わず触れてみたくなる


写真を見るたびに思う


遠いのに近そうで

近そうなのに遠い

不思議な魅力と存在感


笑うのが苦手だと言うけれど

いつか見た笑顔は

はにかんだ感じが可愛くて

だいぶ前にみたものを

久しぶりに目にしたような

気持ちになるくらい

とっても素敵なものだった


いつかに自分のことが嫌いだと

いっていたことは今でもよく覚えてる

そして自惚れを避ける策のように

いつか言っていたことも記憶してる


本当の理由、そうさせる何かまでは

私には分からない


私の好きな人を嫌いって言うな、

と今でも何かの拍子に思うけれど

それ以上に、自分が嫌いなことを

忘れてしまえるくらい

誉めたたえたいし

嫌いだという代わりに

私が好きだってことを伝えたい


立派だから好きって

いつも言っているけれど

ここまでくると

何だかもう立派じゃなくても

大切で大事なんだ


うまく説明できないけれど

その思考とその感情と視点と

ざっくり言うところの感性が

もうとてもたまらなく好きなのです


本当は、自然と違うつて経由でも

見つけ出して、だからやっぱり好きって

言いたいのに私の引き出しもアンテナも

小さすぎて全然みつならない


なんか、もう、生きてるだけで

尊くて素敵で大好きだ


いつかに、

鍵盤の音源を聞かせたいって

言ってもらえたときは

猛烈に舞い上がって

でも実現しなくて沢山泣いて

今でもかなわないかも知れないと

思いながら夢みてる


どんな音でどんなメロディを

奏でてるのかなぁって

どんな風に繊細で

どんな具合に大胆なのかなぁって

全然分かってないくせに

そんな風に今でも夢想する


紡ぐ言葉、奏でる音色、

捉える光や色が、もうとても好き


それと目が好き。とても。

澄んでいて涼やかなのに温かくて

本当に吸い込まれそうで

私は直視できなくて

遠巻きばかりで見ていたけれど


取り留めもなくなってしまうくらい

他に例えようもないくらい

とても大切で尊くて、とても大好き。


もしかなうなら、たくさんお話したい。

好きな作家の好きな作品の話とか

好きなギタリストやアルバムのこととか

ひたすら聞いていたい。


そんなこと、何度も何年も夢想するくらい

本当に、とびきり特別に一等、大好き。


独り言のようなお手紙。

いつ目に留まるかな。


もしまだ自分のことが嫌いだったら

代わりに私が好きでいるから大丈夫。

いくら嫌いだって言っても

私が上回るくらい、たくさん言う、

好きだよって。


自分が不安になりやすい周期だと
忘れそうになってしまって
訳分からず不安になって拗ねて
もうそんなことはしないと
思っていたから
なおさら、とても自分にがっかりして
本当に心底がっかりしてしまった

とても、すごく。

でも朝になったらそれどころじゃなくて
何の根拠もなく近くに落ちそうな気がして
一瞬、これで人生終わるのかなと
大げさじゃなく本気で思った。
今ごろ何処で何してるのかなと
思っていたのだけれど

拗ねたことがますます恥ずかしくて
落ち込まないようにしようとしながら
静かに落ち込んでしまったけれど

それ以上のやさしさで
救われてしまった

ありがたくて嬉しくて
申し訳なくて恥ずかしくて
人がいなければ
泣いてしまうところだった。

とりとめもなくなって
しまったけれど

たくさん、ごめんなさい
たくさん、ありがとう
いっぱい、大好き。

元々、勝手にあれこれ

想像してしまうのだから

もっと違う方向に想像しようと思って

普通の人よりは少したくましい検索力で

つぶやかれたものを遡った


昔に戻りたい訳じゃなくて

知らないことで推し量れない

何かを埋めたくて


氷山の一角どころか

氷の薄皮ほどしか分からないけれど

この何年かが如何に激動か

垣間見えた気がした


今忙しいのはその続きなのか

全く違うのか分からないけれど


外国での仕事があったり

東北に関わっていたり

音楽の仕事だとか

執筆の方の仕事だとか

家に関わるおつとめやら

ちょっと考えただけで

私には想像のつかない仕事量


なのに私は自分のことばかり考えて

一方的に拗ねたり怒ったり悲しんで

酷いことを言ったりしたり

もしかしたら何かを制限させたのかも

想像力が欠如しすぎて

そんな自分に落胆するくらい


思えば、拗ねたりしても

恥ずかしかったり傷つくのが嫌で

私は人に気持ちを伝えたことが

あまりなくって

一度いえば足りるだろうと

思っているところがあるの


私に言われたって嬉しくないだろう、

と卑下しがちだというのもあるけれど


でも今はそういうものは取っ払って

ちゃんと伝えたい伝えなきゃって

思ってる


壊れたレコードみたいに

無機質な繰り返しに見えるかも知れない

でも今まで心の中に押しやって

外に出さなかった分、

その昔、恥ずかしくて言えなかった分、

伝えたいから何度もなんども

繰り返す


気持ち悪かったらどうしようと

時々、不安になるけれど

今はただただ伝えたくて。


やっぱり上手くまとまらなかった。

うまく表せていないけれど

ひとまず今の私に言えること。


こんなに言葉にするのは初めて。



好きです、大好き。

連日、動いてるところを見れて

たくさん充電したような

ガソリン補給したような

満ちてくるような気持ちになった。


恥ずかしいくらいに

浮かれるくらいに

嬉しくてうれしくて


たくさんニヤけてデレて

スキップしたくなる気持ちで

1日過ごした。


存在する有り難さ尊さ、

噛みしめる想い。


ぜんぶ、

当たり前じゃない。

すべて、

有り難いことばかり。


じわりじわり噛みしめる。


嬉しい、うれしい。

尊くて大切で

特別なもの。


好き、です。

すごくとても、とびきり。

存在していてくれて

ありがとう。


当たり前じゃない

たくさんのもの、

ありがとう。


嬉しい、言い尽くせない。


大好き。


こっそり、安堵の吐息。

こっそりと

ここに書いているつもりだけれど

通りすがりの人もいるし

気をつけて書かなきゃいけないけれど


正直なところ、

ここは見ていないかも知れないと

近ごろは思っていたりもするけれど


でもでも、それ以上に、

今日は存在確認できて嬉しかった。

偶然のタイミングなのか分からないけれど

それでも何でも嬉しかった。


時々、いや近ごろはたくさん、

ある日とつぜん存在が消えてしまったこと

思い出してしまう。

日がたてばたつほど、もしかして、と

思ってしまう。


だから、良かった。

まだ、見ることができて、良かった。

あまり書くと泣けてしまうし、

思いつめても仕方ないけれど、

でも良かった。


本当に良かった。

戻ってこなかったら

戻ってこなかったら

どうしようって

時々、不安になる。