読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週末に選んだしたバラは黄色とピンクの入り混じった花弁。黄色だけ出たりピンクだけ出たり、フレンチローズは割と気まぐれ。何だかちょっと猫っぽい。名前は ラ・パリジェンヌ。おしゃまな花に好きな人の姿を重ねてどんな花が咲くかは夏の季節のお楽しみ。

振り返ったりすると、つい泣いてしまう。もう過ぎてしまった事や遠くなろうとしている時の言葉に今さら打ちのめされる必要はないのに。でも、その時の自分の気持ちや、そうさせてしまった自分の言動とかこんな風に思わせてしまったかも知れないとか色んな背…

本末転倒

一気に私小説的なものを書き上げてしまおうと思ったけれど読むほうも疲れてしまうのではと思って手を休めている。あの文章がどんな風に見えてるのか本当はすごく心配だったりする。でも自分の気持ちが一気に溢れる感じで自分でも扱いが難しい。大丈夫だろう…

まっさら

時間が流れてゆく中 多分に惚けて 他人のけたたましい会話や 何時もより早く流れる雲を ぼんやり眺めて過ごす 空っぽな自分を抱えて 景色だけ新しいものを求めて そんなことに気づかない振りをして 人がいう当たり前な時間を再現して 何の答えも出ない、 と…

10匹の蟻。

ありがとう。

不安に負ける

忙しそうなのは 見ていれば分かるのに 大変そうなのは 考えるまでもないのに たくさん構ってもらって 気を遣ってもらってるのに 不安や寂しさに負けて 何時も台無しにしてしまう 底に沈むような気持ちだけれど つとめて普通通りにしなきゃ 本当に台無しにし…

拭えない気持ち

このまま疎遠になって 気がついたら時間だけ過ぎて やっぱり話したり会うことなんて もう叶わないのかな。 そんな風に考えると もう辛いだけだから 考えないようにしなきゃと 思うのに。

大切なのは薔薇、本当だよ。

バラを選んだ。 好きなものを選んで良いと 言われながら あれこれと口を挟まれつつも 主張はうまく通って 私の庭には やがて 黄色い薔薇が咲く。 ツルを長く伸ばして 檸檬の香りを放ちながら 花開くのは今年か来年か。 L'important c'est la roseL'important…

リライトできずにいる訳。

いつも リライトしようと 読み返すたびに 結局、つらくなって 泣いてしまって そのままになってしまう。 蛇足なものもあるから 整理して書き直したい箇所も 結構あるのに 気が回らなくなるくらい 気持ちがブランコだ。 ページが無くなってしまった時 再開し…

心配性

疲れちゃって 皆んなの前に姿を現さなくなる、 そんな心配を度々してしまう。 無理して辛い思いはしてほしくない。 でも、またあの時みたいに 姿を追うこともできなくなったら、 そう思ったら本当に怖い。 そんな現実は要らないもの。 だから、そうなる前に …

酔いどれの日。

風邪ひかれませんように。 楽しいお酒でありますように。 無茶されませんように。 ご無事でありますように。

絶対なんてないから

世の中に 絶対、なんてことはなくて 時間は限られていて 今あるものは当たり前じゃなくて そうしたら、私はあと、 どれくらい気持ちを 伝えることができるんだろう。 びっくりするくらい 他にはないくらい 大切で大事だと思っていること あと、どれくらい伝…

一生、忘れない。

勘違いも知れなくて それだと思い上がりで 恥ずかしいこと極まりないけれど でもひょっとしたら とても気遣ってもらえていて しかも、かなり。 そういうのはちゃんと 分かってなきゃいけないって 思ったりしてるけれど 勘違いかもって思う時点で 既に矛盾。 …

そんなんじゃないのに

純 女 は ペット扱いで カワイイと騒ぐ 遊び相手扱いだ と書いている人がいて 無性に腹が立った。 そんなんじゃない そんな人ばかりじゃない でも、そう見えてたら、 本当に悲しい。

勘違いだったのかも

世の中、言葉を頼りに辿ることができて、 今日調べてみたらある単語で調べると 上位に位置されてて、 その曲だけカウントが想像より増えてて、 もしこの仮説が正解だとしたら、 私が一人勘違いして 勝手に騒いで落ち込んで 迷惑を掛けたことになる訳で でも…

ちゃんと分からなきゃ

私はあまり頭も良くないし 気持ちの波も激しいし すぐ揺らいでしまうから まだ半分くらい混乱していて グルグルしてしまうけれど でも、見ていてくれているとか いくらか気にかけてもらえてるとか そういう風に思っても 大丈夫なのかなって やっと、いま、思…

混乱

動画のチャンネルの登録者が増えていて そんなこと気づかなきゃ良かったのに。 平等に誰ともメッセージは交換していない とずっと思い込もうとしてたけれど、 やっぱり違うんだ。 大事な友達や大切な人は 当たり前だけど一人じゃないし そんなの分かり切って…

輝く水面に映る雲の影

元気ならいいな。 何となく、まだ気になっている。 当たっているか否か 全然、見当外れかも知れない。 分からないけれど、 川沿いを歩きながら思った。 海に近いから潮風がふく。 太陽が雲に隠れると少し肌寒くて 顔を出すと光が溢れて たちまち暖かくなる。…

エイプリルフールの日

前は、テロの心配とかもあったし、 何せ本当に安否すら分からなかったから 訳が分からないくらい不安だったけれど 今回は状況が分からないにしても 生存確認はできていた訳だし 比較的、穏やかでいられたけれど、 それでもやっぱり、時々、不安だった。 年度…

不思議で大切な

見てくれたのかなって ちょっと思えたりして 気持ちがあったかくなった。 数字が少し多く加算されると 何だか嬉しくなる。 時間をもらえたみたいで。 でも同時に申し訳なさも募る。 我ながら矛盾。 嬉しいのと心配と半々。 色々、何だか不思議だなぁ、 そう…

蜘蛛の糸を辿って

寂しいと言いながら 写真を上げると見た形跡があって それを見るとほっとする。 数もランダムだけれど 内容や時間にリンクしていて 忙しい合間に見てくれたのかと そう思うと本当に感謝しかない。 その時の状況で数時間置いたり 30分置きだったりするけれど …

滑稽なくらい

ひどく心配しすぎて 滑稽に見えるかな。 でもそれくらい、 何ものにも 代え難いくらい 好きだよ。

待ちたいな。

何時までも 今まで通りに ずっと同じなんて いかないのかも知れなくて 時々、とても不安で 叫び出したくなるけれど ひとまず深呼吸してこらえる。 また言葉が交わせる時がくるって 今は信じて、信じるしかなくて ただ、ひたすら待とうと思う。 春の季節を待…

流れてゆく時間

車を走らせる。 流れてゆく風景、 流れてゆく時間、 重ね合わせながら 君を思い出す。 まだ葉のつかない樹の枝が どんどん流れてゆく。 雲の流れと空の色、 肌に触れる風、 あの時と少し似ている、 そんなことをふと思う。 寒いというには骨身に染みず、 温…

いまごろ。

文章を起こす時、切ないところに着目してあれこれ思い出して振り返ってその感情を高めて煮詰めてってなるから、気持ちがいっぱいいっぱいになってしまったのかも。もし、戻ってこなかったら、っていう心配がよぎる。戻ってきたくないくらい辛い心身状態だっ…

気が抜けた瞬間。

平気へいき、大丈夫、何か意外と落ち着いてるし、結構、まったり過ごせてる、さすがに慣れてきた!って思ったけれど、つらくないようにって蓋をしていたみたい。車の中で一気にボロボロと落ちた。びっくりした。やっぱり、本当は寂しい。そして心配。

大事な蜘蛛の糸

勝手に待とうと思っているけれど待っていてもいいんだろうか。抽象的な書き方をする私。前みたいに話がしたいとか会ってみたいとか何かの拍子に思ってしまって欲張りさにハッとする。でも、やっぱり、いつか、会いたい。話したい。今は、何の約束もできるよ…

だから、好き。

自分のことが好きだと言う もさんが好きだ。それを自己愛とかナルシストと呼ぶのなら、それでいいのだと思う。自己愛のカタマリでも良いくらい。むかし、もさんが「自分をキライ」と言ってたことは、今でも覚えてる。確かそれで怒ったことがあるのも。私が好…

心配したり、なんだり。

心配しすぎると人にうつってしまうのかも。気をつけなきゃ。見当違いの心配も面倒だったりするだろうし少しでも落ち着いて動き出すのを待とうと思う。待てるかな。10日でも20日でも待ちたい。たくさんお疲れ様です。あまり無理しないでください。言葉を見れ…

遠くない日に

そう遠くない日に、海が見れますように。

カウント

考えすぎないようにしてただ、数字が変わるのを見た。元気かな、元気だといいな。

心配できる幸せ。

法事なのかなとかお仕事なのかなとか意外とぼちぼちお休みかなとかあれこれ思いつつたかだか数日様子が見れないだけで寂しかったり不安になったりする。でもそんな風に思えるのはきっとたぶん、すごく幸せなことだ。ほんの何年か前なんてそんな気持ちになら…

バカの一つ覚えみたいに

思いつきもイマイチだしできることもちっぽけで、バカの一つ覚えみたいに海の写真を撮ろうと思った。この前とは違う景色がいい、漠然と思って最初に浮かんだのはあの岬だった。私が子どものころに観光地化に向けて街は動き出した。鉄冷えで人口減に歯止めが…

まあるい地球。

まあるい地球。

強い人だけれど…

強い人だと思っているのです本当に基本的には。だから私が心配するのはお門違いなのだろうこともうすら想像はしているのです。でも時々びっくりするくらいナイーブな一面をみた時、その強さは経験値や理性でコントロールされた賜物であって中の中なんて本当…

思いつくままに。

色んな人の気持ちが重なるように集まってきて楽しげでお気楽なものはまだ良いけれど募る気持ちがいくつと重なるとしんどくないのかなって眺めていて思った。でも、わたし、そんな他人事みたいに思っちゃいけないのに。この前、たくさん嬉しくて、本当に今も…

我が身を振り返る。

お化粧したから感想聞かせてと予測もしない人からメッセージがきた。おかしくはなかったけれど目元しかわからないしナチュラルメイクだしそもそも、その人の人となりも知らずそこそこに感想伝えたら駄目だしされた。リアクション薄かったらしい。いや、どう…

本当に嬉しかった。

何度かまとめようとしたけれどまだ高揚してまとまらない本当は冷静に綴りたいウトウトして目が覚めた隙間時間とりあえず今は深読みとかしないでとにかく嬉しくてうれしくて頭の整理してないけど嬉しくて生きてて良かったって何度もなんとも思うくらいに本当…

投影

消えゆく前の霞の花を見た七の人兎に霞の姿をみて喜ぶも理想の霞の花と違うと戸惑う様子が簡単に見てとれたそうして、私は声を掛けたもちろん誰もが目にする場所で「気軽に声を掛けて」と結んだらしばらく私としか言葉を交わさずお気に入りが私に関するもの…

混乱を抑え込む。

感覚頼りの私だけれど混乱してしまった何処からどう立て直したら良いのか分からない混乱するものを押さえ込む大事にしたいものたくさんある早く落ち着きたいほっこりしたい

音の中を旅する

アカウントの色が変わったことにはすぐ気づいていたのにひたすら音だけ聴いてウインドウの殆どは閉めていたからそれぞれに説明文が入っていたこと今の今ごろになって気づく。とても残念な私。文章をみながら、しみじみ聴き入る。春の季節を眺めるみたいにま…

好き、という気持ちが空回る。

すごく冷静ででもどこか感情的なそれを理性でコントロールして色んなものを創造している。目が口を開くよりも先に語っていてそこにいると空気が変わるくらい柔らかな物腰と大きな存在感。印象的な目元、薄い唇、筋の通った綺麗な鼻。長い睫毛。華奢な背中。…

豆腐のアタマ

さんざん独りよがりに泣いて、もう人の話なんか聞く余裕はありません、と思っていた筈なのに。「不快にさせてるのは私ですか」メッセージが届いた。近ごろの新しい悩みの種。重い気持ちが倍加して途方にくれたつもりだった。なのにいつの間にか親身になって…

人の気持ちも分からずに

大変な時にごめんなさい。いつも同じ繰り返しでごめんなさい。ほんとはちゃんとした文章かきたいけれど熱が下がらなくて頭がぼんやりして少しもまとまらない。ごめんなさい、ばかり書いていて伝わらないような気がして引っ込めてしまったりごめんなさい。 思…

弱気。

拗ねる気持ちを堪えてきたけど気が弱くなると抑えるのが難しい本当は話したい 会いたい言っても仕方ないことを思ってしまう思ったところで叶わないのに元気な時に思ったり感じたりすること信じられなくなるそれが私の妄想じゃないかとすら分からない混乱する…

北風ばかり吹いているけれど

想像の及ばないきっとすごく大変な何かがあって簡単なことじゃないのだろうとふと想像する。私の頭が不思議なことになっちゃったのか本当に不思議な出来事が起きているのか注意深くみて判断できれば良いけれど。蛙……私、なんか変化していたのかな。何処まで…

伝わってる実感

前よりずっと、伝わってるんだなと思える時がある。それと同時に訳が分からなくなっちゃう時もあって、混乱する時もある。嫉妬の気持ちを押さえるのが前より、上手くなったと思う。でも本当は、とてもしている。私が嫉妬されることは無いと思っていたりする…

もっと、知りたい。

本当のところは分からないけれどあのまま、表に出て来ないのではないかとそれはもう不安だった。本当のところは、今でも気掛かりだったりしてる。もっと知りたい。話がしたい、触れたい。好きな気持ちがたくさん伝わったらのに。

本当は確証がない。

本当のところ自信はやっぱりない何時どの時点で気に障ったかとかつい考えてしまう本当に気に障ったかどうかそんなこともあやふやなのに要らない言葉ばかりだったらどうしようでも、何が必要で不必要かわからないこんなに繰り返したら薄っぺらく聞こえてるか…

突き抜けてバカになったら。

一人に集中しすぎると人に干渉されるし良く思わない人もいる気持ちを外に出しすぎたと思えば中に引っ込めてしまうでもそれだとすごろくで振り出しに戻るみたいいっそ突き抜けてバカに見えれば気にとめる人もいなくなるのかもそんな風に思った浅知恵だから一…