シーソーみたいに

気持ちの波が激しすぎて

人にも心配を掛けているのが分かってるし

理屈ではどうすれば平静でいられるか

ちゃんと分かってるのに

ちゃんとできなくて

一人で泣いたり怒ったり

拗ねたりしている。

恥ずかしい大人だなぁ。

小雨の夜の空は真っ暗で

肌寒くて心細くなるけど

庭の牡丹に傘がさしてあって

気持ちがほっこりした。

あと数日しか目にできない花。

切なくて寂しいけれど、

最後の最後まで、

やっぱり見つめていたい。