読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

受け入れたいと言うたびに

受け入れたいと言うたびに

受け入れられないだろ

と人に突き離される。


そんなの分からないじゃないか

一度に全部は難しくても

少しずつ段階をふんでゆけば

受け入れられるものが

広がってゆくかもしれないのに。


一方的に一度に押し付けて

ほらみたことかなんて

そんな乱暴な言い草なんて

大丈夫だったものまでダメになる。


そうしたら、やっぱりね、って

言うんだ。


受け入れられないなら

口にするなって

皆んな言う。



すぐに全て受け入れられなくても

側にいてはダメだったのかな。

完璧に受け入れることでしか

私の価値はなかったのかな。


でもきっと。


泣きながら、のたうちまわりながら、

七転八倒することまで

全て受け入れられたら良かったって

今なら思う。