太陽

何時も太陽ばかり見ている

風で揺れていても

あちらこちら

向いてるように見えたとしても

何時も太陽ばかり見ている


時にさえずり

花を愛で風に身を委ねたように

見えたとしても


日が落ち

太陽が目の前から消えたとき

月を見てあれこれ何か騒いだとしても

それは太陽が出るまでの待ち時間


その過ごし方や

太陽ばかり見つめているとか

代わりに月をみることとか

良いか悪いか

人がどう思うかを

私は知る事ができずに

度々、困惑し戸惑うばかり


それでも太陽が出るのを

待ち続けている