読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わからないけれど

側から見たら

飄々として見えるのかな

フラフラしてて定まってないように

見えてしまうのかな


本当は

とても執着していて

何時も話しかけた気持ちを

ぐっと堪えている


四六時中想っていて

他の誰かと話していても

そこに姿が見えるてるんじゃないかって

思うくらいに存在する


そんな私が重くて迷惑じゃないかとか

それ以上に気持ち悪いんじゃないかとか

一方的すぎて惨めに空回っているとか

そんな風に思ううちに余計なことを

思いつきであれこれとしでかす


でも、勘違いかも知れないけれど、

その一連の負のコンボを

良く思っていないかもしれない、

寧ろ不愉快なのかもしれない、

と感じる度に

頭が混乱して真っ白になって停止する


あぁ、でも、 それが

本当に勘違いだったらどうしよう

穴を掘って潜っていきたい

ダダ漏れてるかも知れない感情の波動が

しっかり隠れるくらいに潜みたい


そんな訳がないって

心のどこかで誰かが叫ぶ


でも、隠しても隠さなくても

得られないものならば

さらけ出してしまおうって決めた

この何処に着地点があるか

自分でもわからないくらいの

深くて大きい何かを

こっそりとここに記すくらいは

許してもらえたら、いいな。