夏日

宙に浮いた言葉を

また自分で拾い集めて

記憶を遡っては

手が止まる


太陽が眩しい朝

まるで夏が戻ったみたい

時間も一緒に戻っていたら

良かったのに