もしも

変わろうとしていたのは私だけで
失ったと思ったものが
そこに在り続けたのだとしたら。

自分で表面を曇らせて
騒いでいただけなのだとしたら。

まだ確信には至らないけれど、

もしもそうなら。

 


そんなことをふと考えて、
恥ずかしさを懸命にしまい込む。