読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日の日を前に

重くても軽くても

一人で石を積むように重ねた気持ちを

持て余そうと何しようと

手放せないでいる記憶

何度もなぞらえて

繰り返し繰り返し

振り返っては

泣きながら

また静かに抱えるの