どう見えてるのか怖い。

自分の気持ちが

ひとりよがりで気持ち悪い

自覚があるのに

どうしてよいか分からない。

泣いても仕方がないのに。


何もできない。

当たり前なのかも知れないけれど、

私ができることといったら

届かない鐘の音を

寒空に鳴らすことくらい。


こんな言葉すら

紡ぐのが怖い。