束の間ぼんやりする。

考えても考えなくても

結局は何も分からないし

すぐに何か変わる訳ではないし

本当につらいのはその人で

私が騒ぐのはおかしいのです、

という結論に一度着地する。


その方がほっこりほわほわと

待ってられるのかなと

とりあえず勝手に着地する。


それに、待たれていても困る、と

どこかで思われていそうだけれど

結局、気になるから仕方ない。


やっぱり放っておいても、

いつの間にか思い出しているから

ぼんやりしながら

考えたり考えなかったり。


そんな一日。

束の間、ぼんやり。