読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何時も、ずっと。

数時間かんがえない、と言っても、
私が聴いている音楽の大半は
その人が弾いた音だったり、勧めてくれた音楽だったり、
かんがえない、は、頭を混乱させない、
と今は同義語みたいになっている。

「北風と太陽だ」と思って
太陽になりたくって、たまに頭を空っぽにしようとする。
でも本当の空っぽになんかならない。

スマホを見れば、
ロック画面も背景画面もその人の写真。
そもそも会社のデスクトップは
変わらずずっとスタジオの写真のまま。
MOドライブの陰になんて
何時かにプリントした黄金色の髪の写真を忍ばせている。
描いてくれた模写は勿論まいにち眺めていたりする。

口の端にでなくても、
忘れてる瞬間なんて、ちっともない。

恥ずかしいし、気持ち悪く思われそうだから、
いちいち言わない。

街にでれば、あの服やあのアクセサリーは似合いそうだと思う。
爪の手入れをすれば受けさせてあげたいと一方的に思う。
音楽が耳に入れば、この曲は好きだろうかと思う。

コンビニに行けば、写真に撮らなくっても、
文字が目に入って手が伸びることもある。

こんなに思ってばかりいたら、
嫌われそうだから、いちいち言わない。

でも、私にはこんな伝え方しかできない。
気持ち悪いところを除いて
違う何かだけ、届けばいいのにな。