決めつけ

人の気持ちを勝手に決めつけて

気遣いの上で掛けてもらった好意の気持ちに対して

私は仇で返すように、ひどい決めつけをした。

 

柔らかく対応してもらったのに、

さらに勝手に決めつけて卑屈に返して

またも騒ぎ立ててしまった。

 

人の気持ちを大事にしていないのは

私のほうだ。

人の気持ちを信じられないのは

むしろ酷い。

喜ばせた後だから

なおさら酷い。

 

本当に酷い。

 

むやみに謝るのはダメとは知りながら、

ひどく自責の念に駆られてどうしようもない。

 

でもこのまま、卑屈の虫が輪をかけたら

もっともっと自分勝手で酷い。

 

人を悲しませたことを、

私はもっと自覚しなければ。

 

トラウマのせいにして

それで片付けようとした。

そうだとしてもあまりに

自分のことばかり。

 

相手の気遣いを

どうして大切にできなかったんだろう。

どうして温かい気持ちを無駄にしたんだろう。

どうして人の思慮を推し量れなかったんだろう。

 

後悔しても仕方がない。

今ここで放棄したら、本当に失ってしまう。

それだけは絶対に嫌。

 

きちんと自分と向き合って

直面して立ち向かうだけの強さと

信念をもたなければ。

 

人の気持ちを無駄にして

このまま、自分の中に逃げては駄目。

 

自分の、この好きだという気持ちを

もっともっと大切にするために。