何時も、ずっと

何時も見ていてくれるとは

思っていなかった


たまに想像することはあっても

そんなことがある訳はないと

打ち消してしまっていた



それがどれほど希少か

それがどんな有り難いことか


言葉で言い尽くせない。