読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同じことの繰り返し

自分の気持ちばかり考えて
自分の感情にばかり囚われて
今まで積み上げてきたものや
たくさんしてもらったこと
楽しかったこと嬉しかったこと
全部ぜんぶ否定してしまうように
騒ぎ立ててしまいました。

ごめんなさい。
いつも、こんなのばっかりで、
本当にごめんなさい。

自分に自信がないからと
色んなものが無かったような
物言いをたくさんしてしまった。
忙しくて疲れていて
そんな中の気遣いとか
たくさんたくさん
否定するような
一方的なことばかり。

どうして、私は待てないんだろう。
でも待ちたい。
何を待つのかなんて分からないけれど、
もっと押し付けないようにしたい。

大事なものをちゃんと大事にしたいのに。

ひどい想いをさせてしまったと思うと
今は寧ろその方がずっとずっと辛いです。
ごめんなさい。
本当にごめんなさい。
ひどいことたくさん、ごめんなさい。

花言葉が委ねられているのか
そうでないのか、今でも自信がないけれど
調べた中で、どんな意味だろうって考えたりしています。

自信がないけれど、
悲しいものや寂しいものを他人に委ねたりする訳がない、
そういう人じゃない、という消去法をしています。

もしそうだったら、
もったいなさ過ぎて、勘違いをしてるんじゃないかとか、
今でもすごく思ってしまう。

でも、頭がいい人だから、
勘違いされては困る状況で
そんなリスクを持たせる訳が多分ない
と恐るおそる思いつつ、
そう思うと尚更、
私のしていることの酷さに
自分でも呆れて打ちひしがれる思いです。

こんなに好きだと思っている人に
なんで私はここまで酷いことばかりしてるんだろう。
発した言葉なんて、目の前から消したって、
本当に失くなったりなんかしないのに。

本当にごめんなさい。
ごめんなさいばかりで上手く伝えられなくてごめんなさい。

的外ればっかりかも知れないけれど、
今、こうする以外に思いつかなくって、
申し訳ない気持ちで押しつぶされそうなくらいです。

本当はとても大切にしたくて大事で
とてもすごく好きなのにごめんなさい。

疲れさせてしまって
ひどい気持ちにさせてしまって
本当にごめんなさい。
気のきいたことが全然おもいつかない。

好きです。
それを伝えたかっただけ、でした。