待ちたいな。

何時までも

今まで通りに

ずっと同じなんて

いかないのかも知れなくて

時々、とても不安で

叫び出したくなるけれど

ひとまず深呼吸してこらえる。

 

また言葉が交わせる時がくるって

今は信じて、信じるしかなくて

ただ、ひたすら待とうと思う。

 

春の季節を待つみたいに。