一生、忘れない。

勘違いも知れなくて

それだと思い上がりで

恥ずかしいこと極まりないけれど

でもひょっとしたら

とても気遣ってもらえていて

しかも、かなり。

 

そういうのはちゃんと

分かってなきゃいけないって

思ったりしてるけれど

勘違いかもって思う時点で

既に矛盾。

 

勘違いかもと思うのは

自分なんてという卑屈な気持ちや

間違えていたは恥ずかしすぎるとか

我が身可愛さと

勘違いして馴れ馴れしくして

違和感に思われたくないとか

保守的な気持ちのあらわれ。

 

でも有り難さとか嬉しさとか

じわじわ込み上げたり

時に一度に押し寄せたり

胸がいっぱいになる。

 

今、この時間が本当に大事で

何よりも尊い

 

言葉を交わせることができて

本当に嬉しい。

こんな幸せなこと、

その昔、少しも想像しなかった。

 

絶対、一生忘れない。