心配性

疲れちゃって

皆んなの前に姿を現さなくなる、

そんな心配を度々してしまう。

 

無理して辛い思いはしてほしくない。

でも、またあの時みたいに

姿を追うこともできなくなったら、

そう思ったら本当に怖い。

 

そんな現実は要らないもの。

 

だから、そうなる前に

できることはしておきたい。

頓珍漢なことしかできないけど

できうる限り、何でも。

 

失うのが怖い。

他に二つとない大切なもの。