読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっさら

時間が流れてゆく中

多分に惚けて

他人のけたたましい会話や

何時もより早く流れる雲を

ぼんやり眺めて過ごす

 

空っぽな自分を抱えて

景色だけ新しいものを求めて

そんなことに気づかない振りをして

人がいう当たり前な時間を再現して

 

何の答えも出ない、

という予想通りの答えを導き出し

つまり正解も不正解も

結果論でしかなく主観に頼るもので

 

答えがないという

自由の中で

私は真っさらを楽しむ。

 

時間と一緒に歩く。

時の流れを身近に添えて。

 

 

 

 

川は雪解け水で淀みなく

澄んだまま流れていた。