読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元はと言えば

自分で言ったこと

忘れてるのかなって

思われていると思う。


肌色がどうとか

疎外感がどうとか

女の子とはきゃっきゃするとか

そんな件から始まって

他の人との関わりは

半分適当だから

いちいち間に受けちゃいけないとか

そういうやり取りは

実は少しも忘れていない。


去年の夏から秋のことも。

特別だって言ってくれたけど

どうして断られちゃうんだろう

避けられてるのかなとか

そんな風に思ってしまって

騒いでしまって。


そこを経てのリレーだったのに。

忙しい中、割いてくれていたのに。


もっと鈍感で陽気で

どうせ頭が悪いならとことん

明るくカラッとしていれば

こんな風にはならなかったのかな。


そうじゃなかったら

もっとずっとずっと賢くて

何を考えていて感じているのか

察して気が回せて

太陽みたいになれたら良かった。