わざわざ、

人に伝えることもしていないけれど、

今でもちょくちょく

tumblerのページを覗きにゆく。


あそこは、ちょっと特別で、

何度もなんども読み返してるくらいで

物覚えが悪いから復唱できずにいるけど

本当なら、そらで言えても良いくらい。


今さら嘘くさく聞こえるのかな。


でも、本当に綴られる言葉が好きで

ずっとずっと触れていたい。

心の底からそう思ってる。


大事すぎるくらいに

大切な尊いもの。