勝手に色んな心配をしている。


体に何かあったかな、とか

仕事忙しいかな、っていうのもあるけれど

もしかしたら、私が心乱してしまったのか、

なんて思ったりしていて、

もしそうだったら、どうしようって

申し訳なさとか弁解じみた気持ちとか

いろいろ交差しながら

でもやっぱり不安で心配で。


私がきちんとしっかりしていたら

本当は今でも言葉の遣り取りができて

話をぽつりぽつりと聞くことくらい

できたのかも知れないのに。


一年前くらいの自分の粗相が恨めしくて

今でも泣けてしまうけれど

それ以上に申し訳なさと心配が募って

どうしたらいいのかなって思うけれど

ただの杞憂なら良いのに。


もし杞憂じゃないのなら

少しでも話してくれたら良いのにって

思うけれど

今の私はまだ話ができるほど

信用に足らないかも知れない。


自業自得だけれど

そうなってしまったことが

すごく申し訳なくて。


私の知らない想像の及ばない

簡単には人に言えない

大きな荷物を抱えてるんじゃないかって

何時も勝手に気になっている。


強さを見せて大丈夫だと人に言うけれど

心の中の柔らかいところが

何かの拍子に血だらけになってるのではと

思えてならない。

血が止まるまで人前にでないとか

厚い扉を閉ざすとか

していそうなイメージがあって

もし、自分がそれを少しでも

後押ししていたらどうしようと

思えてならない時もある。


大丈夫かな、元気かな。

もし、そうじゃなくても倒れていないかな。

とても心配でたまらない。


笑って過ごせてるだろうか。

陽の光はそこまで差しているだろうか。