もう声なんて

聴けることないけれど

似た声を聴いただけで

嬉しくなるのだから

随分とおめでたい。